エキシビションの練習中、名手だらけの“6人チーム”で滑走する姿をジーが公開で話題に

 平昌五輪は25日、フィギュアスケートのエキシビションが行われる。24日は全体練習が行われ、豪華な面々が揃ったが、羽生結弦(ANA)ら名手6人が“ボブスレーチーム”を結成し、華麗に滑走する姿をミーシャ・ジー(ウズベキスタン)が公開。海外ファンから「みんなラブリーすぎる」「最後が秀逸」との声が上がり、反響を呼んでいる。

 ジーは24日にインスタグラムを更新。「2022年五輪の新種目に挑戦、6人ボブスレー」と題し、公開したのは1本の動画だった。

 エキシビションの練習リンク。選手たちが列を作って軽やかに滑走し始めると、先頭のハビエル・フェルナンデスが腰を屈め、背後からジーがフェルナンデスの腰を持って続いた。3番手につけたのは羽生。白の「JAPAN」のジャージを着ながら、ジーの腰を持ってピッタリとくっつき、列を作った。さらに、後続から宇野昌磨ら3人が加わり、6人の隊列で氷上を滑走。「ワーッ」と楽しげな声を上げながらゴールすると、最後はなぜか宇野が一人、華麗なスピンをしながらフレームアウトしていった。

 投稿では「もっと練習しなくちゃいけないみたい、後ろが前の人に追いついてないね」とユーモアたっぷりに“課題”をつづり、練習の合間に笑顔が溢れ、仲良さそうにコミュニケーションを取っている様子が伝わってくる。ほほえましい映像を観たファンから「みんなラブリー過ぎる」「超面白い」「最後が俊逸」「あなたたちの投稿は最高!!」との声が上がっていた。

 エキシビションの練習ではカーリング、ショートトラックなど、今大会を沸かせた競技を演じ、話題を呼んでいた。氷上では真剣勝負を繰り広げるが、一歩リンクを離れれば、スケートを愛する者同士、友情と尊敬で結ばれているのがフィギュアスケートの特徴でもある。

 そんな名手たちが勢ぞろいするエキシビションでは、大会の最後にどんな形で魅了してくれるのか。楽しみでならない。(THE ANSWER編集部)

羽生結弦【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 www.asahicom.jp)



<このニュースへのネットの反応>

見てきたらクッソ平和で和むわ


「もっと練習しなくちゃいけないみたい、後ろが前の人に追いついてないね」←どっかで見た


競技を終え、プレッシャーからも開放され、束の間の休息ってとこか。しかし、仲いいなフィギュアの選手は。


動画見てきた。楽しそうで何より


ミーシャ・ジー選手のインスタアカウントはこれで検索するとヒットするぞ→@mishage8


見た見たこれも面白かった(笑


平昌はただで寒いからこういうほっこりしたイベントは観客の皆さんに大うけしそうだ。


オリンピックって頑張った選手が国の代表に選ばれて、その競技場で選手が全力出し切る競技大会であってメダルはおまけでしょ?そらメダルは欲しいけど頑張ったならそれでええやん。(個人の感想)


最後の方の競技の人はオリンピック中、こんな風に過ごせないんだろうな


スピードスケートの真似をして転んだ羽生君にはヒヤッとしたけど、勝負が終わった後の和やかな雰囲気はさすが平和の祭典って感じ


楽しそう♡もっとこういう映像出してほしいな♡