(出典 amassing2.sakura.ne.jp)



1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/27(土) 23:48:30.31 ID:OT2iS8Hn9.net


(出典 image.news.livedoor.com)


4月25日放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系列)で、坂上忍が尾崎豊さんのプロデューサーとして知られる須藤晃氏を訪ねて、27年前に亡くなった尾崎さんの知られざる一面に迫った。

尾崎さんが1983年に18歳でリリースしたデビュー曲『15の夜』は、中学校生活の実体験をもとに作られた。
学校での頭髪検査で、尾崎さんの友人は髪を短くしたのに、先生から髪の毛を切られてしまう。
この話を聞いた尾崎さんは激怒して、家出の計画を立てたという。

だが、『15の夜』は、紆余曲折を経て生まれたものだったという。須藤氏は尾崎さんが少年時代から書きためていた「創作ノート」を公開。
当初は『無免許で』というタイトルが予定されていた。須藤氏は「無免許でバイクを乗り回して、酒を飲んでみたいな。僕はこの詞ではダメと言ったんです。
つまり、『大人はこの詞のどこに共感したらいいんだ?』って」とダメ出ししたという。

須藤氏は創作ノートにあった「自由になれた気がする」の一文に注目してアドバイス。
そこを活かし、「『バイクを盗め』ということを歌っているわけではなく、『バイクを盗んだって自由になんかなれないんだよ』って。
自由ってそんなものじゃないんだよ」と、尾崎さんが伝えたかったメッセージを代弁した。

1985年3月にリリースした2ndアルバム『回帰線』がオリコン1位を記録。19歳でトップミュージシャンとなるが、それから約10カ月後、人気絶頂のさなかに「無期限活動中止」を発表。

その理由を須藤氏は「彼が言っていたのは、『俺はすごく個人的なことを歌っているのに、何でみんなを扇動しているみたいに言われるのだろう』と。
彼が出て行くと、両手を合わせて拝み倒すような雰囲気になっていたことに戸惑っていました。音楽をやっていることが楽しくなくなってきたんじゃないですか」と語った。

尾崎さんのバンドでドラムを担当していた吉浦芳一氏は、「19、20歳の年齢になって、『15の夜』をいつまでも歌うのは歌いづらいと言っていた」と本人が葛藤してたことを明かした。

尾崎さんは活動休止して、単身ニューヨークへ渡るが、半年で帰国。さらに1987年12月、覚せい剤取締法違反で逮捕される。

多くのファンを裏切った形になった尾崎さんは、人生でたった一度きりの歌番組への生出演を決意。それが1988年6月22日放送の『夜のヒットスタジオ』(同局系)で、「ご心配をおかけしました」と騒動を反省。
「僕の素直な気持ちを曲にして、これからずっと歌っていきたいと思っています」と、贖罪と感謝の念を込めて拘置所の中で歌詞を書き上げた『太陽の破片』を熱唱した。

それから3カ月後、尾崎さんは東京ドームで行った復活ライブで大成功し、完全復活を果たした。

だが1992年4月25日、自宅近くで倒れているところを発見され、26歳の若さでこの世を去ってしまう。

以降も尾崎さんの人気は衰えることなく、1994年1月には『OH MY LITTLE GIRL』がドラマ『この世の果て』(同局系)の主題歌に起用され、ミリオンセラーとなった。

そんな同曲を、デビュー前の17歳の尾崎さんが歌う貴重なデモテープ音源を須藤氏が公開。その歌詞とメロディは一部が変わっており、当初はサビを「となりのLITTLE GIRL」と歌っていた。
同曲にも助言していた須藤氏は「売れるとは思わなかったけど、特別な感じはしました」と見解を述べた。

坂上は「尾崎さんはカリスマなのか、成功者なのか、犠牲者なのか、何なんですかね?」と質問。
すると須藤氏は「すべてが当てはまりますけど、いまだにこれだけ、みんなが興味を持ってくれる存在だから、それはよかったと思います」と今も尾崎さんの音楽が人々を魅了していると指摘した。

http://news.livedoor.com/article/detail/16384214/
2019年4月27日 13時55分 Smart FLASH


(出典 Youtube)

尾崎豊 15の夜


(出典 Youtube)

尾崎豊 卒業





7 名無しさん@恐縮です :2019/04/27(土) 23:51:52.32 ID:pwk/k47I0.net

>>1
ぼくーがぼくーであるために


26 名無しさん@恐縮です :2019/04/28(日) 00:01:52.31 ID:9cfhl/lT0.net

>>1
> 「『バイクを盗め』ということを歌っているわけではなく
> 『バイクを盗んだって自由になんかなれないんだよ』って。
> 自由ってそんなものじゃないんだよ」

これが、どうしても理解できない人がいるみたいだけど
知能指数的な限界なのかな?


39 名無しさん@恐縮です :2019/04/28(日) 00:12:51.97 ID:qcZyXJ0X0.net

>>26
知り合いに、それを批判しながら、クイーンは絶賛するアホがいたわw


62 名無しさん@恐縮です :2019/04/28(日) 00:25:16.50 ID:o6cqjJa30.net

>>26
1番だけだとそうだが、2番は「自由を求め続けた」ツールとして「盗んだバイク」や「覚えたてでふかしてるだけのタバコ」が出てくる。
「自由」も漠然としたものじゃなくて「彼女との交際」という具体的なものになるし

やはり「バイクを盗め」とは言わないまでも、盗んだバイクで駆ける行為を「若気の至り」程度の好意的に描いてるよねw


98 名無しさん@恐縮です :2019/04/28(日) 01:16:42.74 ID:Q2Q2i6J10.net

>>1

尾崎豊の曲は共感できなくても好きだけど

でも尾崎豊は結局自分を追い詰める生き方をしたんだと思う

もっと楽に生きれば良かったと思う


6 名無しさん@恐縮です :2019/04/27(土) 23:51:00.92 ID:XCeIjwrg0.net

「19、20歳の年齢になって、『15の夜』をいつまでも歌うのは歌いづらいと言っていた」

そんなこと言ってないだろw
15の夜はライブでほとんど一番重要な曲


19 名無しさん@恐縮です :2019/04/27(土) 23:58:03.42 ID:9jOsgRla0.net

高橋克典の後輩だったって聞いた事あるんだがガセかな?


20 名無しさん@恐縮です :2019/04/27(土) 23:59:03.06 ID:jZ+jvTXg0.net

>>19
本当
高橋はトーク番組でよく尾崎の話をしてた


24 名無しさん@恐縮です :2019/04/28(日) 00:00:52.65 ID:UJMMx49S0.net

>>20
ほんとなんだ
15の夜聞いてこんな曲売れねーよってダメだししてたって聞いたわ


76 名無しさん@恐縮です :2019/04/28(日) 00:44:11.38 ID:Kas/daR30.net

>>24
青学の先輩だね、たしかみんなで呼び出して歌わせたらすげーってなったと言ってた。


23 名無しさん@恐縮です :2019/04/28(日) 00:00:23.37 ID:Pd7NiQnTO.net


(出典 i.imgur.com)

父 尾崎豊


(出典 i.imgur.com)

息子


47 名無しさん@恐縮です :2019/04/28(日) 00:16:11.92 ID:2EoOpqLS0.net

>>23
息子オザケン?


31 名無しさん@恐縮です :2019/04/28(日) 00:06:42.14 ID:lpyIhbAf0.net

本当は14の夜だけど、響きがいまいちだから15の夜
豆知識な


41 名無しさん@恐縮です :2019/04/28(日) 00:13:55.57 ID:R1k8IHu/0.net

『卒業』の仮タイトルも『不法侵入』だったのかな


57 名無しさん@恐縮です :2019/04/28(日) 00:20:14.97 ID:rrWNNSMi0.net

太陽の破片って当時はなんだよコレと思ったけど
今は割と好きだな
神通力が切れたみたいに才能が枯れて行くんだよなぁこの人


68 名無しさん@恐縮です :2019/04/28(日) 00:32:33.60 ID:3gZFcQij0.net

好きか嫌いかは別として
未だに尾崎豊の歌詞が話題に出るだけでも、カリスマ的な存在と言えるだろ…


歌詞の意味が分からないのも…なんだか問題な気もするな…